アトピー性皮膚 原因 治療

最近では大人にも増えているアトピー性皮膚ですが、得に子供に多い疾患です。治ったと思えば、また忘れたころにぶり返す、大変しつこい病気です。ここでは、そんなアトピー性皮膚の原因と治療について触れていきます。

未成年者の10人に1人がアトピー性皮膚炎

当サイトでは、アトピー性皮膚炎について記載しています。

アトピー性皮膚炎という病名について小さいお子さんをお持ちの親御さんなら良く耳にする病気だと思います。

また現在は症状が収まっていても自分自身が小さい頃にはこの病気で苦しんでいた経験を持つ人も多いのでは無いでしょうか?

現在日本国内でアトピー性皮膚炎を有症している20歳未満の患者割合はおよそ10%に達すると言われています。

未成年の場合10人に1人の割合で発症しているのですからこれは相当な数だと言わざるを得ないでしょう。

アトピー性皮膚の原因

アトピー性皮膚炎は大人になると免疫力が向上し、ホルモンバランスも落ちつくため治る病気だと考えられていましたが、最近では大人のアトピー性皮膚炎も増加傾向にあると言われています。

今や年齢に関係なく誰もがかかりうる病気であると言えるのがアトピー性皮膚炎なのです。

アトピー性皮膚炎は発症するとしつこい発疹ができ、激しいかゆみや痛みを伴うとても辛い病気です。

しかしこれだけの患者数がいながら今日に至ってもその詳しいメカニズムや発症の原因が解明されていない厄介な病気でもあるのです。

アトピー性皮膚炎の患者数は1960年代の高度成長期を境に増加傾向を示しています。ちょうど大気汚染や水質汚濁などの環境破壊問題や食品添加物による事故などが日本国内でも大きな問題とされた時期と一致しているため、アトピー性皮膚炎は環境病だと指摘する専門家もいます。

アトピー性皮膚の治療

またアトピー性皮膚炎を疾病のタイプで分類するとアレルギー性の疾患という事になります。アレルギー性疾患とは特定の物質に体の免疫系の働きが過剰反応して発症するタイプの病気です。

したがってアトピー性皮膚炎の治療と予防にはアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)を特定し、そのアレルゲンを可能な限り遠ざけ発症している症状を緩解させる、そういう対症療法を施すしか手だてが無いとされています。

この様に今だ謎の多いアトピー性皮膚炎ですが、現在解明されている事実を知る事によって治療や予防に役立てる事も出来ます。

当サイトではアトピー性皮膚炎に苦しんでいる人のために、出来るだけ分かりやすく役に立つ情報を発信していきたいと考えています。

アトピー性皮膚にオススメの薬用製品

アトピー性皮膚に効くといわれる方法は良く耳にします。

しかし、あなたはそれらを試して本当に効果を感じたでしょうか?

完全にアトピーが完治した、という薬用製品に出会った人は少ないはず。

そんないろいろな薬用製品に裏切られてきた人に一度試してもらいたいものがあります。

それは、「薬用メトセラATP ES-27クリーム」です。

あなたのエネルギーをつくりだしているミトコンドリアを活性化させる新成分が配合されており、従来のアトピー改善方法と違ったアプローチを行います。

今まで何をしても治らなかった、という人もメトセラで改善した、という声が非常に多いです。

メトセラATPをもっと詳しく >>

アトピー性皮膚の原因と治療